未分類

発勁と当破

空手の拳はどこを当てるか、どのように当てる面接を最小化するという考えに行き着いた。当てる場所は体の中の硬い場所でなければならない。そして、当てる面積が小さければ小さいほど、別の言葉で言えば先が尖っていれば尖っているほど効果的な打撃を打つこと...
技術編

拳は硬く握るか、柔らかく握るか

。空手では手首から先と足首から先を徹底的にに鍛えて、凶器と化す。空手で最も用いられる武器は拳です。 空手はどのように拳を武器化するのか考えてみましょう。
未分類

空手はなにも持たない手2

空手は何も持たない手であると言う事なのですが、人が手っ取り早く強くなるにはどうしたら良いかと言えば、刃物を持てばいいわけです。では刃物を持たないで強くなるにはどうしたらいいかというと手先、足先を刃物のように鍛え上げるという考えが出てきます。...
技術編

空手はなにも持たない手1

中国南派拳法―那覇手―剛柔流には共通点が多いです。体の強さを重んじるのも共通しています。硬功夫を重んじるのも特徴だと言えるでしょう。 例えばこれは二指禅と呼ばれる硬功夫です。 ©︎China news.com 極真空手...
未分類

中国北派拳法と南派拳法の違い

空手にとって「空」の概念、とらわれず、居着かず、相手を飲み込むという概念は理想であり、その思いが空手の空にこめられているのは確かのように思われます。もっとも空手と言うのは唐から伝わった手である唐手の当て字であるというのが最も確からしい説です...
自伝編

空手の「空」は「くう」なのか?

日本人の武道家にとって空手とは一格闘術以上の深い意味があります。私も空手の魅力に取り憑かれた者の一人です。 最初にやや抽象的な話になるかもしれませんが空手とは何かということについて考えてみたいと思います。 私は中学生の時に初めて...
自伝編

一人練習と師の元での練習

やがて、運命の時は訪れた。いつものように放課後に公園で練習をしていると、いつもと違いお腹に鉄棒が当たるではないか。あっ!出来る!そう思った瞬間、体が回っていた。私はまぐれではないか心配になって再びやってみるともう何回やってもできるようになっ...
未分類

最高の拳法を求めて自伝編

最高の拳法とは通常の筋力ではなく、重力とインナーマッスルを用いる拳法である。このブログでは私が最高の拳法に巡り合うまでの過程を自伝編と技術編に分けてえがいていく。 こんな大それたブログを書くのだから、作者は相当な実力者であろうというの...