一人練習と師の元での練習

やがて、運命の時は訪れた。いつものように放課後に公園で練習をしていると、いつもと違いお腹に鉄棒が当たるではないか。あっ!出来る!そう思った瞬間、体が回っていた。私はまぐれではないか心配になって再びやってみるともう何回やってもできるようになっていた。

なぜこの経験を書いたかというと、この経験が私の後の拳法修行の原点になったからだ。今、思うのは拳法は一人修行だけでは強くなれない。だけど一人修行をしない者は決して強くなれないという事だ。

高級な技になるほど、一つの技が様々な要素から成り立っている。また一つの技に様々な意味がある事もある。

あーでもない、こーでもないと試行錯誤しながら、一つの技を追求する時間が強くなるためには欠かせない。

しかし、反対もある。高級な技になればなるほど、精密な技術になる。例えば発勁などは流派によって、それぞれ完成された技術であり、自己流の入り込む余地は1ミリもない。これは定期的に師の元に通って、何度も修正を受けながら習得するしかない。

一人練習と師の元での修行これこそが、拳法修行者が最初に知るべき心構えてあり、極意であるち思う。

この過程を通して、技はもちろん、人間性も磨かれると私は思う。

コメント